持続黄体依存症

持続黄体依存症

持続応対依存症というのは女性の子宮の病気です。

妊娠をしていない時に、何か原因があって、普通よりも、黄体の寿命が伸びていることが原因で、生理が予定通りに始まらないことを言います。

原 ...