持続黄体依存症

持続黄体依存症

持続応対依存症というのは女性の子宮の病気です。

妊娠をしていない時に、何か原因があって、普通よりも、黄体の寿命が伸びていることが原因で、生理が予定通りに始まらないことを言います。

原因ははっきりと分かってはいないのですが、不妊の原因とも言われています。

妊娠をしている時には、高温期が長く続くのはわかるのですが、妊娠していない時に持続黄体依存症になり、高温期が長く続きます。

期間的には18日以上続いた場合には、持続黄体依存症ということになっています。

原因が不明なために、治療法などもなかなか見つからないのですが、治療法というのは、生理を強制的に起こすという方法がまず一つありますが、そのほかは、ただ生理が自然に来るのを待っているしか方法がないと言われています。

一時的に持続黄体依存症になるという人もいるようで、普通は2週間前後くらいで、減退して行くのに、何らかの原因が元で、ホルモンバランスなどが影響して、持続黄体依存症になっていることもあります。

妊娠の可能性が全くない場合に、基礎体温を測ってみて、18日以上高温の時期が続いているということがあれば、持続黄体依存症の可能性が強いことになります。

だからと言って、すぐに何らかのアクションを起こす必要はなく、特に治療をすぐにしなければいけないということではありませんので、しばらく様子を見て、生理が来るのを待つのがいいでしょう。

それが何度も続くようでしたら、一度病院で診てもらった方がいいでしょう。

依存症7日間 短期改善プログラム!7日間で依存症が改善しなければ返金 自分で治したい方用

依存症7日間 短期改善プログラム!7日間で依存症が改善しなければ返金 パートナーの依存症を治してあげたい方用