メール依存症

メール依存症

メール依存症は、ネット依存症や携帯電話依存症などと同じ種類の依存症です。

パソコンの普及や携帯電話の普及によって増えてきた依存症といってもいいと思います。

電子メールが普及する前にはなかったタイプの依存症です。

最初は知り合いや友人などとメールをして楽しんでいます。

だんだん、メールが楽しくて便利であることが分かってきます。

そのころには、すでにメル友も増えていますから、知らない人とも、数回しかあったことがない人ともメールをしてコミュニケーションをとっていくと思います。

毎日毎日メールを楽しんでいるわけですが、知らず知らずの間に、メール依存症にかかってしまっているケースは多いのです。

メールが来ない日があれば、落ち着かなかったり、不安に感じたりするようになります。

1日に何度もメールが届いていないかチェックするようになりますし、過去に自分あてに届いているメールを読んだり、自分が送ったメールを読んだりするようになります。

これらの症状が現れてくれば、メール依存症である可能性は高いと思います。

メール依存症の症状は人によっては色々ですが、過去のメールを読み返しているという場合には、かなり重度といってもいいと思います。

また、メールが誰からも送られてこないことに不安感を持ったり、落ち着かないと思ったり、ストレスを感じたり、イライラするというような場合には、かなり重度ですから、治療を受ける必要がある依存症になっています。

依存症7日間 短期改善プログラム!7日間で依存症が改善しなければ返金 自分で治したい方用

依存症7日間 短期改善プログラム!7日間で依存症が改善しなければ返金 パートナーの依存症を治してあげたい方用